2013年08月24日

藤圭子さんの死に思う

 先日、歌手の藤圭子さんが亡くなった。
 報道では自殺と言われている。
 もしも本当に自殺だったとしたら、大いに考えさせられる。
 お金にはまったく苦労していなかったはずだし、自分の才能を開花させ、世の多くの人を感動させ、しかも、子に宇多田ヒカルという天才をもったのである。
 つくづく、人の幸せとは何かを考えさせられる。
 たしかに金がなければ苦しいことは多い。
 しかし、だからといって、金があれば幸せになれるといえば、それは保証されない。
 では、名誉があれば、子宝にめぐまれれば、幸せは保証されるのか?
 答えは否であろう。
 では、幸せに一歩でも近づくには何が必要なのか。
 その答えは、一にも二にも、神を愛することだと思うのである。
 
 
posted by AoyamaKeio at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。